側弯症のカーブパターン

側弯症のカーブパターン

こんにちは!

加島です。

 

側弯症と言っても種類があります。

http://test.e-sekkotu-shinagawa.com/bloglist/%e7%89%b9%e7%99%ba%e6%80%a7%e5%81%b4%e5%bc%af%e7%97%87%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%99%e3%81%8b/

 

種類によって弯曲のメカニズムも変わります。

http://test.e-sekkotu-shinagawa.com/bloglist/%e5%81%b4%e5%bc%af%e7%97%87%e3%81%ae%e5%bc%af%e6%9b%b2%e3%83%a1%e3%82%ab%e3%83%8b%e3%82%ba%e3%83%a0%e3%81%a8%e6%94%b9%e5%96%84%e6%b3%95/

さらに側弯症には、カーブパターンもあります。

そのカーブパターンは、いくつかの種類に分かれます。

このパターンを見極めないと、正確な施術や運動療法は行うことができません。

 

本日は、側弯症のカーブパターンを詳しくご説明いたします。

 

側弯症には、胸椎or腰椎のみの単独カーブをシングルカーブといい、胸椎と腰椎両方のカーブをダブルカーブといいます。

これは、医師が診断するうえで使います。

 

しかし、僕が行っているシュロス法では

 

カーブの分類

カーブは3カーブと4カーブに分かれます。

3カーブでは胸椎主体のカーブで、4カーブは腰椎主体のカーブになります。

 

〇3CH

このカーブは胸椎に主カーブがあり、その頭側と尾側に1つずつカウンターカーブがあります。

骨盤と腰椎は、1つの機能的ユニットを構成します。

これは、骨盤と腰椎が同じ方向にカーブするということです。

腰椎のカウンターカーブは、完全に胸椎とは違うもので部分的なカーブとして認められます。

長い胸椎カーブが多いことから、矢状面での腰椎前弯の減少が特定しずらいのも特徴です。

胸椎凸側の足に圧倒的に体重がかかります。

 

〇3CTL

このカーブは3CHの特殊形になります。

3CHと同じように、胸椎が主カーブになり、頭側と尾側にカウンターカーブが1つずつあります。

違いは、腰椎の4番が胸椎凸側に傾いているところです。

 

〇3CN

このカーブは胸椎主カーブで腰椎に小さなカウンターカーブがあります。

腰椎のカウンターカーブは脊柱の正中線を超えます。

胸腰椎共に椎体の回旋は少なく、腰椎カーブは柔軟性があります。

 

〇3CL

3カーブの特殊型です。長く伸びた腰椎カーブを特徴としています。

正中線の著しい逸脱はありません。

腰椎の4番と仙骨は並行で臀部が軽く右にシフトします。

 

〇4C

このカーブは、腰椎の歪みに伴って長さが変化する胸椎カーブを観察します。

腰椎カーブは正中ラインを超え、さらに尾側では完全な腰仙椎の代償性カーブとなって終わる。

 

 

 

2022.2.14

カテゴリー